外国人の携帯電話契約、おすすめの携帯電話会社はどこ?


外国人の携帯電話契約

日本で生活するとなると必要になるのが日本の携帯番号です。日本に来たらまずは携帯電話会社で日本の電話番号をとりますよね。

ただ、日本の携帯電話会社のシステムって、外国に比べてちょっとややこしい気もします気がしないですか。

さらには、近年では従来の大手キャリアだけでなく、格安SIM、格安スマホも登場。何か外国人にとってはわかりにくいですよね…。

そこでここでは、外国人の携帯電話契約についてや、それでは一体どの携帯会社がお得なの?などについてお答えしたいと思います。

大手キャリアと格安SIM、格安スマホの違いは?

格安SIM・格安スマホとは?

格安スマホとは、大手キャリア(NTT docomo, au, Softbank)のスマホと比べて、安価で利用できるのが特徴です。

料金プランの選択肢も多く、自分にとって最適なプランを選べます。格安SIMとスマホ端末のセットで契約することもできます。

格安SIM・格安スマホのデメリットは?

大手キャリアだと、電話かけ放題のプランになっているので、良くも悪くも電話代は一定です。

一方、格安SIM・格安スマホの場合、30秒で20円の通話料がかかるので、電話を利用する回数が多い方は、大手キャリアの方がおすすめです。

ただ、一般的なユーザーであれば、格安SIM・格安スマホの方がお得になります。

あと、格安SIM・格安スマホが気になる人は、LINEやFacebookの無料通話機能を利用すると、通話料金を節約することができます。

なるべく通信料金を抑えたいという方はやっぱり格安SIM・格安スマホの方がいいと思います。

大手キャリアと格安SIM・格安スマホの料金比較

大手キャリアと格安SIM、格安スマホの料金比較

上記は、大手キャリアと格安SIM(IIJmio)の料金比較になります。

大手キャリア 格安SIM・格安スマホ
月額料金 6500円前後〜 2400円前後〜

外国人の場合、新規契約手続きの際に必要な書類は?

携帯電話の契約をする際、日本人でも外国人でもそれほど違いはありません。違いがあるとすれば、本人確認書類の提出ぐらいです。

外国人の場合、本人確認書類として、「特別永住者証明書」または「在留カード」が求められます。

なお、本人確認書類の氏名・住所が最新のものではない場合、補助書類を併せて提出する必要があります。

【補助書類】

  1. 公共料金の請求書・領収書(電気・都市ガス・水道いずれか)
  2. 住民票
  3. 届出避難場所証明書

のいずれか1点

※発行から3カ月以内で、氏名、住所が申込内容と一致している必要があります。

おすすめの携帯電話会社(格安SIM・格安スマホ編)

それでは外国人・留学生の方に、おすすめの携帯電話会社を紹介しますね。まずは格安SIM・格安スマホ編。

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEが提供する格安SIM・格安スマホ。最安プランのLINEフリー(LINEアプリの無料通話+データ通信)は月額500円から。電話番号付きの音声通話SIMは月額1,690円からと大手携帯電話会社と比べて格段に安い価格設定になっています。

他の格安SIMだとLINEアプリの年齢認証・ID検索ができないのですが、LINEモバイルは、大手携帯電話会社と同じように、LINEアプリの年齢認証に対応。ID検索で離れている友だちともLINE交換ができますよ。

支払い方法は、クレジットカードかLINE Pay。LINE Payなら、クレジットカードを持っていない外国人でもOKです。公式サイトにキャンペーン情報もあるのでチェックしてみてください。

 

IIJmio

IIJmio

インターネットイニシアティブが提供する格安SIM・格安スマホ。料金プランは、データ通信専用SIMで月額900円から。音声通話機能付きSIMで月額1600円から。

IIJmio公式サイトでは、外国人向けの格安SIMカード契約の英語説明ページがあり、 IIJmioの公式Twitterは、英語でのお問い合わせにも対応しているので、日本語が苦手な外国人でも安心して利用できますよ。

なお、支払い方法はクレジットカード支払いのみとなっています。

 

おすすめの携帯電話会社(大手キャリア編)

次に大手キャリアについて紹介します。なお、大手キャリアの場合、通常は最低2年間契約に縛りがあり、契約期間内の解約や更新月以外に解約を行うと、契約解除料の支払いが求められるので、注意が必要です。日本に2年以上の長期滞在の方向けになります。

NTT docomo

NTT docomo

日本最大手の携帯電話キャリア。通信電波の安定度が一番優れていると言われています。料金プランはいろいろありますが、大手キャリアの場合、月々の請求額が6500〜7000円ぐらいになります。

支払い方法は、クレジットカード、口座振替、請求書による支払いに対応しています。

 

Softbank

Softbank

日本の大手携帯電話キャリア。料金プランはいろいろありますが、大手キャリアの場合、月々の請求額が6500〜7000円ぐらいになります。上記のNTT docomoより、電波の安定度は少し劣るが料金は少し安いイメージ。

ソフトバンク同士の通話(21時~深夜1時を除く)が無料。友達などまわりにソフトバンクユーザーが多い方におすすめです。

支払い方法は、クレジットカード、口座振替に対応しています。

 

あわせて読みたい

携帯電話料金の支払いなどに必要になってくるクレジットカード。まだ、日本のクレジットカードを持っていない方はこちらもチェックしてみてください。