ホテルで働く外国人アルバイトのさまざまな職種紹介します


ホテル

さまざまな職種が協力している

多くの人が憧れを抱くホテルでの仕事。華やかに見える職場であるホテルですが、中ではさまざまな職種が協力し合って、客が気持ちよく過ごせるようサービスを提供しています。

今回は、外国人アルバイトも活躍しているホテルでの働き方について見てみたいと思います。

ホテルの内部にはどのような仕事が?

ホテルでの仕事といってまず頭に浮かぶのはフロント業務かもしれませんね。チェックイン・チェックアウト・客からの要望取り次ぎなど、いわばホテルの顔ともいえるフロント。

外国人が多く宿泊するホテルでは、外国人アルバイトがフロント業務を行っていることもあります。しかし、日本人客も利用するので、ある程度の日本語が使えることが前提条件です。

実は、フロントより先に接客をする職種があります。それはドアマン。タクシーのドアを開けて、客を中に案内したり荷物を運んだりします。車の誘導や周辺の警備なども業務範囲に含まれています。

ベルボーイやベルガールは客の荷物を客室に運んだり、客室まで案内します。また、飲食部門ではウェイトレスや洗い場などの関連職種で働くことも可能です。

ここまで、いわゆる「表舞台」で働く職種を主にご紹介しましたが、直接客と関わることが少ない職種には何があるのでしょうか?

例えば、ホテル内の清掃やルームキーピングが挙げられます。客が気持ちよく過ごすには必要不可欠な職種。アルバイトがよく募集されていますが、これらは日本語力があまり問われないこともあり、外国人アルバイトに対しても門戸が広く開放されています。

ホテルでの仕事は、日本語はもちろん、接客マナーが身に付くことがメリットです。接客マナーを重視するため、多くのホテルではアルバイトに対しても研修を行います。

研修と実地で、ホテルのサービスマナーを身に付けることができることは、将来サービス分野で働きたいあなたにとってはとても大きな魅力ではないでしょうか?

ホテルのアルバイトを探す

ホテルのアルバイトを探す際、簡単にできる方法は2つ。

まずは、家の近くなど希望するエリアのホテルでアルバイトが募集されてないかチェックしてみる。もし、アルバイト募集されいている場合は、大体の場合、アルバイト募集の張り紙があるので、こちらを見て直接応募してみるといいでしょう。

もう一つの方法は、アルバイト求人サイトで探してみる方法です。こちらの方法なら、ネット環境さえあれば、自宅でもどこでも求人をチェックすることができますよ。