外国人向け求人も?!日本の外資系企業で働くには


外資系企業で働く

憧れの外資系企業?!

外資系企業とは、国内で企業活動をしている外国資本の企業を指します。その企業背景から、企業内では外国語が飛び交い、日本の企業とは違った雰囲気で、働き方のスタイルが違うと感じる日本人が多いようです。

実力主義で仕事は大変、しかし給料は比較的高いところが多いこともあり、外資系に憧れを持つ人も少なくありません。

では、既に言葉も文化も問題のない外国人のあなたにとって、外資系企業への就職は有利になるのでしょうか?今回は、日本の外資系企業への転職状況をみてみましょう。

とにかく実力主義・結果重視

日本にもたくさんある外資系企業。多くはアメリカ資本の企業ですが、他にもさまざまな国の企業が日本でも経済活動を行っています。

また、M&Aと呼ばれる企業買収によって、日本の企業が外資系企業になってしまった・・というケースもあります。

企業内の外国人比率は、企業によってバラつきがあります。日本色が強い外資系企業もありますし、逆に外国にいるかのような雰囲気の企業もあります。後者は外国人スタッフも比較的多いようです。

実力主義の社風が根付いている外資系企業は、女性や外国人採用にも積極的。留学生枠を設けている企業もあるようです。

特別枠は設けていない会社でも、少なくとも「外国人だから・・」という理由で断られることはないので、心理的にも応募しやすいのではないでしょうか?

自分の誇れる能力はどんどんアピールして

それでは、外資系企業で求められるものは何でしょうか?それは、即戦力です。

もしあなたが技術者だったり、母国で特別なキャリアを積んできたのであれば、それが大きな強みになるでしょう。私たちは仕事をする以上、結果が求められます。外資系企業はその傾向がとても強く、即戦力が求められるのです。

日本語力についてはどうでしょうか?日本で働くのであれば、日本人スタッフとコミュニケーションを取る場面は避けられません。企業によって求められる日本語力は差がありますが、一定のレベルは使えた方がいいでしょう。

外資系企業の求人情報はどのように探せばいいのでしょうか?外国人向け求人サイトで探す方法や、もし希望の外資系企業があれば自ら企業のホームページから求人状況をチェックして応募するという方法もあります。直接コンタクトを取り、自分を売り込むのです。積極性が成功を導くこともあるので、自信を持って自分を売り込みましょう。

ただ、母国でない国で、いきなり企業に直接コンタクトを取り、自分を売り込むのはちょっとハードル高いなと思う方もいるのはないでしょうか。そんな際は、転職エージェントを活用するといいでしょう。

転職エージェントを活用すると、あなたに合った会社をいろいろ紹介してくれます。なかには、自分では探すことができない、一般には公開されていない非公開の求人もあったりもするので、いろいろと紹介してもらうといいでしょう。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめは、国内最大手、転職支援実績No.1の転職エージェントである「リクルートエージェント」。

国内最大手だけあって、多くの会社とコネクションを持っており、求人数も多いです。一般には公開されていない非公開求人は20万件以上。これは、紹介してもらうしかないですね。

また、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しています。これは、日本で転職活動する際に心強い味方ですね。

登録無料で利用できるので、活用しない手はないですね。

 

JAC Recruitment

JAC Recruitment

英語を生かした仕事をしたいという方におすすめしたいのが、JAC Recruitmentです。こちらも大手の転職エージェントで、英語・外資系に強いのが特徴。

大手外資系企業・日系グローバル企業など、多くの求人を扱っています。英語を使って、日本と外国の架け橋となる仕事をしたいという方は要チェック。

丁寧な対応や、面接対策など、応募企業にあわせたアドバイスもしてくれます。あわせて登録すると選択の幅が広がりますよ。

こちらも登録無料で利用できます。詳細は公式サイトをチェックしてみてください。