社内公用語が英語の企業って、外国人は働きやすいの?


東京

グローバル化で英語を公用語にする会社が出てきた

企業のグローバル化が進んでいる日本、それに伴い社内の公用語を英語にするところも出てきました。顧客や対象が全世界である点から、社員もグローバル化を目指そうというのが目的の一つです。

それでは、外国人である私たちにとって、このような社内公用語が英語の企業での働きやすさは違うのでしょうか?

英語を社内公用語として業務を行っている日本の企業としては、ユニクロや楽天が大きな話題になりましたが、それ以外にもいくつかあります。

例えば、自動車メーカーの日産です。社長が外国人であることでも有名ですね。社内には220名の外国人社員が在籍し、彼らの日本語力は問われないとのこと。

これは、有能な外国人スタッフが、日本語が使えないという理由だけで採用しないのが惜しいから・・という理由からきています。

日本語でのコミュニケーションが難しい場合に英語を使いますが、社員全員に英語を強要しているわけではありません。語学力より能力重視というわけですね。ただ、上司が外国人の場合は、英語でコミュニケーションを取らなくてはならないので英語力は求められるでしょう。

グローバル化が進んでいる企業では、公用語が英語ではないにしても、英語を使う確率が高くなることが考えられます。

異なった文化に対する柔軟性も必要

それでは、外国人の働きやすさについてはどうでしょうか?

これらの企業で求められるのは、語学力はもちろんですが、仕事の能力や、多様な文化に対する柔軟性だと考えられます。

それは、海外進出し、海外の顧客を相手に仕事をするうえで十分対応できる企業力が求められるからです。

この流れに苦労している日本人社員は少なくないようですが、もともと違った文化を持った外国人にとっては入りやすいのかもしれませんね。

日本での生活歴・仕事歴があって、日本の文化や習慣も分かっていれば、なおさら働きやすいのではないでしょうか。

社内公用語が英語の企業はまだそれほど多くはありません。求人を探す場合は、直接その企業のホームページから情報収集するといいのではないでしょうか?「社内公用語 英語 企業」で探すと、企業がいくつか見つかるでしょう。

あわせて読みたい

日本での仕事探しの際、転職エージェントを活用するのが一般的です。登録すると、キャリアコンサルタントがあなたに合った仕事を紹介してくれます。

また、履歴書等の応募書類の添削、面接対策、内定後の条件交渉・給与交渉まで、あなたの転職活動をフルサポートしてくれます。これら無料で利用できるので、活用してみるといいでしょう。